やっぱり家族団欒の場にはテレビ

4Kテレビの特徴と画面の拡大化

以前は、4Kテレビが生まれたので、50インチ以上の大画面のテレビが人気になってきたのだ思っていましたがそうではないようで、もともとテレビ自体の販売が頭打ちになっていたのですが、その中で大画面テレビの分野だけは伸びていたそうで、そこに現れたのが4Kテレビだったということだそうですが、今までのテレビでは、大画面だと、画像が荒くなるとかで、それをカバーするという意味で、解像度の高い画面のテレビが求められてきたということですが、その意味では、テレビの嗜好での大画面化が、4Kテレビを生み出したとも言えます。

そうなると当然大画面のテレビの購入では、4Kしか選択肢がなくなるということですが、一度美しい画面を見てしまうとそうでない画面では満足できないのが人の心理という事なのでしょう。そうなると4Kテレビがテレビでの主流になっていくということになりますが、小さなテレビの場合には、今までのテレビでも不都合はないということでしょう。そのような背景が、今のテレビにはあるということだそうです。