やっぱり家族団欒の場にはテレビ

4Kテレビの実情と将来

4Kテレビの現実的な実情としては、まず4Kテレビのコンテンツが少ないということが、大きなデメリットではないかということで、それは3Dテレビにも言えたことで、コンテンツがなければ、普通のテレビを見ているのと変わらないということだそうです。また実際にも4Kテレビの効果が最大限に生かせるのが、大画面ですから、50型以上の画面でないと、今までのテレビとの差を効果的に出すことができないというい事になります。これからのテレビは、大画面化であり薄型であるということでしょうから、期待はできるということですが、今のところは、年間の販売台数は、数万台という感じの目標のようです。

今までのテレビが1ヶ月で出荷台数が50万台とか60万台とか言われていますから、その差はまだまだ大きいということで、メーカー側も半信半疑ということかもしれません。その他にもスマートテレビなどもあり、テレビのこれからの人気の傾向が何処に行くかは、なかなか予想しづらいといった人たちも多いようです。しかし8Kテレビも予想されているので、高画質の方向は間違いないのではないかとも思います。