やっぱり家族団欒の場にはテレビ

テレビを見ることの楽しみは

テレビを見るときの一番の目的は、見たいと思う番組を見ることです。映画にしてもドラマにしても、あるいはドキュメンタリーやニュースにしても、なんらかの得たい情報や見たいものがあってチャンネルをつける訳ですが、その中で、ひそかに楽しみにしていることがあります。それが、民法のコマーシャルです。時には好きな俳優さんやタレントさんが起用されていて、それを見つけ、驚きとともに嬉しさを感じます。コマーシャルには、そんなサプライズ的な要素があるのでしょう。

普段、あまり目にすることのないアスリートがコマーシャルに出ている場合も、あれっ、こんな人がコマーシャルに出ているのかという感じで、やはりサプライズがあります。一度見ると、また流れないかなと楽しみにしますし、新しいものを見つけ、それをタイミングよく見られた時には、やったという妙な達成感があります。テレビを見るとき、コマーシャルになってもチャンネルを切り替えずにそのままにしているのは、その期待感ゆえだと思うのでした。