やっぱり家族団欒の場にはテレビ

高齢者とテレビに関して

先日、あるところで高齢者と話していて面白い事を言われた。その人は古いテレビを探しているのだという。最近のインターネト接続が可能であったり、番組表が表示されたりするものではなく、昔ながらのチャンネルを回すテレビが欲しいというのだ。当然ながら地デジ対応ではないため、アナログ放送しか映らないはずだがそれでよいという。

懐古趣味かなにかで、レトロな物を集めているのかと思ったのだがどうもそうではないらしい。その高齢者は、次のように考えていたのだ。最近のテレビは使い方が難しい。リモコンにボタンが多すぎて、どこを押せば良いかわからない。テレビが見たいだけなのに、変な操作をしてしまう、という。これは分からないではない。

しかしながら、驚いたのは古いテレビを探す本当の理由である。古いテレビを手に入れれば、昔の古い番組を見る事ができるとかんがえていたらしいのだ。本当の事を教えるべきかどうか、ちょっと悩むのである。

お勧め情報