やっぱり家族団欒の場にはテレビ

テレビとペットと赤ん坊

テレビというものは不思議なものである。家に居ながらにして世界中の映像を見る事ができる。もちろん映像だけではなく音声も聞く事が可能である。そのうち、匂いを感じることができるテレビも開発されることだろうが、そんなるとバーチャルも極めつけとなるだろう。レストランや食品会社がこぞってにおい付きコマーシャルを流すような日が来るのかもしれない。楽しみである。

ところで、かねてから不思議に思う事がある。家庭でペットとして飼われている犬や猫はテレビをどう思っているのだろう。先日読んだ本には、猫や犬用のプログラムも世の中には存在するらしい。犬やネコも高齢化が止まらないようだが、老後はテレビを見て過ごすのだろうか。

子どもも同じである。赤ん坊はそもそも最初にテレビをどう認識するのだろうか。不思議である。箱から音が出たり、そこの映像が映ったりするのをどう理解しているのだろう。できることなら赤ん坊に聞いてみたいものである。