やっぱり家族団欒の場にはテレビ

テレビを通して海外を見て自分の国を知る

テレビでは海外のことを扱う番組がたくさんあります。旅行記、海外で活躍する日本人を追った番組、日本に来た外国人に目的を尋ねて行き先に同行したり、海外のいろいろな都市を尋ね、歴史や文化をクイズ形式にして紹介したりなど、毎日何かしらで海外についての番組を目にします。

海外旅行が身近になった現在、どのような基準で行き先を選ぶかは年代や目的によっても異なりますが、テレビを見ていると行ってみたいという衝動に突き動かされます。次に行こうという動機づけになりますし、もし行けなくても行った気になれます。また、自国に関して知らないことも多いことを思い知り、自国文化をもっと大事にしようという愛国心も芽生えるかもしれません。

テレビを通して見知らぬ文化や土地を目にして、日本のよいところを再認識するだけでなく、世界を見て自分の視野も広がります。世界のいい面や悪い面を含めて現実を見て考えることもあるかもしれません。テレビの情報もいろいろな視点で見ると面白いです。