やっぱり家族団欒の場にはテレビ

テレビ業界が誕生したのは

テレビ技術の進化は目覚しいものです。実はもともとブラウン管が誕生したのは1897年で、ドイツの科学者によって誕生しました。その後日本でも1920年代は、日本国内にあるブラウン管にイという文字を写すことに成功しましたが、一般的に普及されたのは昭和30年代にはいってからで、その後目覚しい進化を経て、2011年にブラウン管からハイビジョンになりました。現代に至るまで多数の進化を経ているのです。様々な可能性を秘めているハイビジョンの進化はこれからといえます。

実際に現代できるものとしては、テレビのリモコンを使って、クイズ参加や、その地域の天気、さらに交通情報なども見ることができるので、双方向的な映像技術として大きく変容を遂げているのです。様々な可能性を経て、より多くの人が便利で快適に活用ができるように対応し、様々な実験を経てより美しい映像を放送するための技術の原点がブラウン管となっています。全ての放送はこのブラウン管から始まったのです。

お勧め情報