やっぱり家族団欒の場にはテレビ

テレビは娯楽と教育に結びつく

一昔前まではラジオが主流でした。それから時間が経ちテレビが初めて放送されたのが1953年です。NHKで放送を開始しました。それから日本テレビが民放のトップをきって放送されました。そんな歴史を意識している方はほとんどいない事でしょう。

テレビは見過ぎは良くないといわれます。それはなぜか。大人になってしまえば特にそんな概念はありませんが、子供のうちは確かに良くない要素もあります。視力の低下や不要な情報による性格のゆがみなどの懸念があります。ただし何時の時代もテレビは情報最先端です。言葉であったりファッションであったり笑いであったり政治、経済であったりとどんな情報もワールドワイドに最新なニュースを視覚的に捉える事が出来ます。そういった意味で娯楽と教育に密接に関係しています。テレビを自由に見てきた子供とテレビを制限されてきた子供ではコミュニケーション能力に差がでるとさえもいわれています。私も大好きです。無い生活など考えられません。これからも沢山の情報をこの製品を通して得ていきたいと考えます。