やっぱり家族団欒の場にはテレビ

幼い時のテレビと家族との関わり

最近では仕事などなかなか忙しくて、なかなかテレビを見る機会が減ってきてしまいましたが、昔からテレビを見るのは大好きでした。特に好きなのはバラエティー番組です。昔家族みんなで一台のテレビでゴールデンの時間帯にバラエティーを見て、一緒にお腹を抱えて大笑いするということに、家庭の幸せを感じていました。だから、私にとってバラエティー番組はものすごく大切なものになっています。

あと、もう一つ好きだったのはプロ野球中継です。最近では中継が少なくなってしまって非常に残念ですが、昔はテレビに釘付けで夢中になっていました。自分の好きなチームのユニフォームを着て、片手にはメガホンを持って叩きながら応援をしていました。母親からは「うるさい」と注意され、その時はメガホンを叩く音が小さくなるんですが、またすぐに大きくなり、何回も注意されていたのを思い出します。昔は今ほど娯楽が多様化していなかったので、その分一つのことで家族がまとまっていたように思います。懐かしいですね。

お勧め情報