やっぱり家族団欒の場にはテレビ

4Kテレビの大きさと売れ筋

4Kテレビでは、画像が美しいのが売りなので、やはりある程度の画面の大きさを確保しないと意味がないということになります。テレビのサイズでは、一番人気があり、売れ筋が、大画面だそうで、50型以上の画面サイズが売上を伸ばしているということだそうです。サイズとしては、画面サイズがインチで示されていて、26インチ以下では、高さが32センチぐらいになりますので、小型のテレビで、一人用のコンパクトサイズになります。その次が、32インチで、高さが40センチぐらいです。この場合には何とか家族で見られるぐらいかもしれません。そして37インチや40インチだとやっと画面の高さが50センチぐらいですから、一般の家庭で見ることができるぐらいになります。

しかし人気が出ているのが、その上のクラスで、50インチ以上だと縦が60センチぐらいの画面になりますので、やはり4Kを楽しむためには、最低でも40インチ以上で、50インチ以上のものに人気が出るのも当然だということになります。しかし問題は価格で、画面が大きくなるに従い当然価格が高くなり。1インチ1万円だと手が出せない人たちも多くなるということになります。